2019年下半期 結果発表!

よんななさんが選んだ「すごいエロVR」 2019年下半期

よんななさんが選んだ「すごいエロVR」 2019年下半期

推薦作品 1
ジャケット画像パンツ上オナニー ~もう我慢出来ないよ…Hなお汁が止まらないの…~

これぞVR。VRだからこその体験ですよ。
普通にAV見てるだけではこうはいかない。
目の前にぱんつが迫ってくる。今にも臭ってきそうなぱんつ。
ひたすらオナニーを見せつけてくる女の子たち。
ぱんつのしみもはっきりわかる。これを見なくして何がVRか。
全部脱がないってのが本当に最高にクール。着たまま履いたまま。
ぱんつ好きのぱんつ好きによるぱんつ好きのためのVR体験です。
今回の2019年下半期ではダントツでこれが一番大好きです。
これぞエロVR。珠玉の一作。正直これだけでもいいかもしれない。

推薦作品 2
ジャケット画像初VR!!桜樹玲奈 現役人妻CAがエコノミーの僕を極上プレミアムサービスでもてなしてくれるVR

これすごいです。ほんとに飛行機の中にいるみたいです。
狭い空間での臨場感こそがVRの醍醐味なのかもしれません。
シチュエーション的にも他の乗客がいる中でのエロ行為。
好きな人にはたまらないのではないでしょうか。
時間は短いですが、その分濃厚なプレイと特殊シチュで
クリティカルオチンポシコシコバーゲンとなっております。
CAさんが好きなら一見の価値ありです。

推薦作品 3
ジャケット画像僕のねーちゃんはガラが悪く、童貞の僕に対して毎日のように「早く卒業しろよ」と厳しいお言葉を頂戴するのだが、ある日偶然僕のチ●コを見てしまったねーちゃんが、想像を超える大きさだったのか興味を持ち始めた!チ●コを挿入するやいなや、急に… 新村あかり

単純にめっちゃシコれます。お姉ちゃんがエロすぎです。
言葉遣いも仕草も格好もあらゆるものが振り切れてえろいです。
とにかく抜ける一作。VRで手っ取り早く抜きたいならもうこれ。
前半の強気な姿勢からの後半イチャラブ雰囲気のギャップにやられます。
VRというよりAVとしての完成度がただただ高いのかもしれません。
VRならではのバイノーラルも味わえますし、初心者にオススメ。
とにかくVRエロ動画で何を見ればわからなかったら、とりあえずこれの一本です。

推薦作品 4
ジャケット画像篠崎かんな エステ嬢かんなが魅せる!2 巨乳巨尻グラマラス肉感魅了!

VRとエステ。非常に相性いいですよね。
エステ系のエロVRが増えるのも納得です。
実際にマッサージされていないのに、VRの没入感のせいで本当にマッサージされてるように感じます。
これもVRならではといえるかもしれないですね。
普通にオイルエステ系のAV見てるだけではこの感覚にはなりません。
VRにハマったのなら、エステ系も試してみてください。
新しい扉が開くかもしれません。

推薦作品 5
ジャケット画像幽体離脱できたからいろんな部屋を覗いてみたら女子はオナニーしまくりだし、兄は童貞の俺とは違い彼女とよろしくヤってるし、憑依できるか試したらあっさり成功!これで俺はいろんな女とヤリまくれる!

これまたすごいのが来ましたよ。ただの盗撮系かと思いきや意外な展開に。
あえてネタバレしますが、憑依します。
憑依とは、今まで盗撮カメラ視点だった自分から、男優視点、つまり客観から主観への切り替え。
これがとにかくすごい。発想の勝利とさえいえます。
VRだからこそ生まれた発想、実現できたものかもしれないとさえ思います。
それだけに惜しい点もいくつかあげられます。
客観視点のときに、もっと接触ズームアップ視点がほしかったですね。
カメラがずっと遠いのでなかなか入り込みづらかったです。
VRだからこそいろんなところにカメラがあってもいいかもしれません。
それこそベッドの中視点とかもありですよね。

推薦作品 6
ジャケット画像染み付きパンティ生脱ぎ下着買い取りガン見

結局これなんですよね。
下着を見せて、それを脱いだり、ちょっとオナニーしてみたりとそれだけ。
本番がない。ただただ鑑賞するためだけの動画。
でもこれこそがエロVR体験なんです。
画質も荒いし、カメラングルもまだまだかもしれない。
それでもVRの可能性に一番挑戦しているのがこの手のタイプだと思うんですよ。
VRでみると、ほんとに目の前で脱いでるみたいな感覚が味わえる。
こういうエロVRにこそ未来を感じますね。

推薦作品 7
ジャケット画像パイパン美少女精密身体測定VR

発想の勝利です。
みんながやってみたいと思ってた女の子の身体検査。
女の子を体を検査してみたいと思ったらすぐこれです。
やりたいと思ったことはほとんど実現されてます。
絡みは少ないので抜き目的だと若干厳しいかもしれませんが。
シチュエーション目的ならもうこれに勝るものはないでしょう。
身体検査という状況だけでシコれる方はこれ一択です。

推薦作品 8
ジャケット画像ネットカフェ潜入女子校生5名SP

画質がアレなのはもう仕方ないとして。
とにかく最初から最後まで一本調子。
ただただオナニーをみて終わるだけ。
だったらなぜ投票したのか。好きだからです。
抜けるか抜けないで問われたら抜けたんです。
こんなのはもうどうしようもなくて、単純に好きだから。
VRエロ動画とは本当に好きを突き詰めた先にあるものだからとしか答えようがありません。
褒めるべきところはほとんど見つかりません。
でもこの動画が好きという気持ちだけには嘘はつけなかった。
本当はこれをこのエロVRがすごいに上げるべきかどうか悩んだんですが、
好きという気持ちを裏切りたくなくて上げることにしました。
これからのVRエロ動画の未来を考えるとやはり盗撮系は外せないでしょう。
こういう特殊なシチュエーションを一番生かせるのがVRだからです。
視聴を体験にできる。実際に見てる感覚が段違いなんです。
その場にいるような感覚を味わえるのはVRだけ。だからこれは上げておくべきだと判断しました。
これからのVR盗撮系の発展を心から願っております。

メッセージ

今回初めて投票させていただきます。よんななと申します。

インターネット、特にツイッターにおいてこの企画を知ったときは自分の他にもVRエロ動画について熱く語ってる人がいるんだと、驚きを隠せませんでした。
そして自分もいつか同じ土俵に立ってみたいと思い、日々のVRエロ動画探求に勤しみ、毎日シコってはまた新しいVRエロ動画発掘に尽力してきました。
そしてこのたび、ついに自分の大好きなVRエロ動画を発表できるはこびとなりました。本当にありがとうございます。
なにぶん初めての投票になるのでコメントも拙いかと思いますが、何卒ご容赦ください。

VRエロ動画とはなにか。これは初めてVRエロ動画を見て感覚としてわかったことなんですが、これまでのエロ動画がただの視聴だったの対し、VRエロ動画は完全に体験になっているという一点につきます。
本来立ち入ることのできなかった画面の中に自分がいるという感覚は絶対的で、この革命こそがVRエロ動画の本質であると思うからです。
もちろんまだまだ制限は多いです。画面の中を自由に動き回れるわけではありませんし、画質におきましてもまだまだ荒削りな部分も多々見受けられます。
それを差し引いたとしても、この体験は未来といわざるを得ないでしょう。
VRエロ動画はもはやアトラクションだと考えています。これまでのオナニーでは味わうことのできなかった感覚。極端に言ってしまえば、セックスに近づいたような感覚が存在します。
オナニーなのだからセックスとは違う。たしかにそのとおりです。
でもVRエロ動画を見ながらのオナニーはもはやセックスなんです。この感覚はVRエロ動画を体験しないことにはわからないものですね。
人によってはそこまで感じることはないって人も多いでしょう。
でも自分にとっては本当にびっくりするほどセックスだったのです。
普段のエロ動画では感じることのなかった感覚が体中にビリビリと広がるのはまさにVRエロ動画ならでは。
この体験を一度してしまえば、もはやこの沼から抜け出すことは不可能にさえ思います。
今後のデバイスの進化次第では、おそらくセックスさえ越えてくるのではないでしょうか。
オナニーやセックスを越えた先の未来。本当にワクワクしますね。たかがVRエロ動画。されどVRエロ動画なんです。

今回投票に当たって選別したVRエロ動画なんですが、やはりVRだからこそできたものを基準に選びました。カメラアングルもそうなんですが、何よりシチュエーションや発想そのものがVRとの親和性を高めています。
制作した人たちがきちんとVRと向き合っているということがはっきりとわかります。生半可な気持ちでこれらは完成しないからです。
ただ立体的にすればいいだけなら、普通のエロ動画だろうなんだろうがやってできないことはないでしょう。でもVRにしかできないことを考えた上で、最初から最後まで作ることを意識してできたものは本当に魂を感じます。
好き嫌いや、技術が追いついていないことは客観的にもわかりますが、そんなことよりもまずアイデアを思いつき、そのアイデアを形にし、発表する。これができているというのが素直にすごいんです。
さきほども述べましたが、VRエロ動画はもはやアトラクション。これまでのエロ動画が作品という位置づけなのだとしたら、VRエロ動画はもはや遊園地なんです。家にいながら体験できる遊園地。それがVRエロ動画なんだと思います。
アトラクションを提供するからには作品をただ作り上げるだけでいいわけがないんです。それを実際に体感してもらうことまで計算し、どのように消費されて、見た人がどんな風に喜んでくれるのか、そこまで考えて初めて成立する偉業だと思っています。
だからこそ、自分はメーカーや監督、女優、スタッフの皆様に対しては本当に心の底から尊敬の念を抱いております。
VRエロ動画を本気で作っている方々がいるからこそ、僕たちはこのアトラクションを身近に体験し、また新しい扉を開くことができたのです。

この度はこのエロVRがすごい2019年下半期に参加させていただき、誠にありがとうございました。
また機会がありましたら、次回も参加させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。