2020年下半期 結果発表!

あかだまさんが選んだ「すごいエロVR」 2020年下半期

あかだまさんが選んだ「すごいエロVR」 2020年下半期

あかだまさん

運営サイト/レビュー寄稿ページ赤玉ブログ

アダルトVR・AVのレビューサイトです。だいたい2日に1本、レビュー記事を投稿しています。

推薦作品 1
ジャケット画像【VR】【新基準】ほぼノーカット!ハメ撮りVR ストレスフリーで最高の没入感に浸かる伊藤舞雪との熱烈イチャラブSEX

ヘルメット型カメラで撮影された意欲作。「新基準」とタイトルにわざわざつけるだけあって、没入感は頭一つ飛び抜けています。

動くだけで画面にアクション性が出るので、アダルトVRではつまらなくなりがちなクンニやおっぱい舐めのシーンが見られるレベルにまで引きあがります。

やはり視点に変化があるのは大事なんだなと改めて感じました。

カメラがぶれるので3D酔いしやすい人はかなり辛いと思いますが、吐きそうになっても見る価値はある作品です。

視界が勝手に動くので、遊園地のライド・アトラクションに乗っている感覚に近いですが、全体的には2DAVとVRのいいとこ取りと言っていいと思います。

推薦作品 2
ジャケット画像【VR】いちゃラブ天井特化アングルVR 〜るかチャンのおっぱいをひたすら下から見る〜 稲場るか

とにかくおっぱいを揺れさせる執念めいたものがスゴイ作品。

手コキの腕の動きを利用しておっぱいを揺れさせる、電マの振動でおっぱいを揺れさせる等々、とにかくあの手この手でおっぱいを揺れさせまくります。

揺れる稲葉るかのおっぱいを思う存分楽しむことができる内容になっており、ここまでタイトル通りの作品も珍しいです。

宮迫メンバー監督の作品は内容とタイトルが合致している場合が多く、キープ・コンセプトの努力が素晴らしいと思います。

推薦作品 3
ジャケット画像【VR】地雷系女子VR 加藤ももか

加藤ももかの「仕上がり」をとにかく見てほしい作品。どこからどう見ても関わってはいけない地雷女に仕上がっています。

終始ろれつが回ってない声の演技が素晴らしい。また、見つめられるといろんな意味でゾクゾクします。

設定も凝っていて、会話の端々に出てくる「出勤」「締め日」「担当の養分」といったキーワードから、作中の加藤ももかと男優とのただならぬ関係(色管理)がうかがえます。

作中の加藤ももかはこの後、幸せにはなれないことがほぼ確定していますが、「不憫(ふびん)=かわいい=興奮する」です。

大型オナホユーザーなら「不幸な女に無責任中出し」を思う存分楽しむことができるはずです。

推薦作品 4
ジャケット画像【VR】四性鬼神 〜神に選ばれしもの〜

パチンコのようなド派手な演出がとにかく楽しい作品。

2021年はこの作品のようなアトラクション感覚で見られる「体験系の作品」が増えていくのではないかと思います。

奇抜な設定とVFX推しが目立つ作品ですが、プレイの内容は非常にオーソドックスなので、コスプレ、パロディー的な作風があまり好きではない人でも楽しめます。

キャスティング(八乃つばさ、稲場るか、優梨まいな、羽生アリサ)も非常に豪華で、収録時間も283分とコスパはかなり高いです。

「鬼〇の刃」をベースにしたパロディ部分に関してもそこそこ頑張っており、ドラマ部分も結構楽しめます。

推薦作品 5
ジャケット画像【VR】天井特化アングルVR 〜仕事がない、お金もない、でも僕には夏帆がいる〜 今井夏帆

黒ギャルがひたすら励ましながらSEXしてくれる作品です。この一文で「お?」と思った人は買って損はないでしょう。

今井夏帆は見た目は黒ギャルなのですが、たたずまいに品がある不思議な女優です。さらに男を包みこむような包容力(母性)がばっちりあります。

そこにプラスして笑顔が少女のようにあどけないという反則技まで持っています。

これらの要素が作品のシチュエーションにうまくマッチしており、見終わったあとに「俺には夏帆がいる!」とタイトル通りの気持ちになれます。

こんなイイ女に「大丈夫、私がいるじゃない!」って励まされたら、それだけで生きる気力が湧いてきますよ。

メッセージ

次回以降は10作品選べるように、もっとVRレビューに力を入れていきます。