2020年上半期 結果発表!

VR AV 5票得票作品 2020年上半期

VR AV 5票得票作品 2020年上半期

52人の投票者が選んだ190本のうち5票を獲得したVR AV全作品を、おすすめレビュー付きで紹介します。

全編天井特化アングルVR 八乃つばさのパッケージ画像全編天井特化アングルVR 八乃つばさ

メーカーKMP

監督宮迫メンバー

出演八乃つばさ

得票数5

投票者コメント

天井特化騎乗位。
従来の騎乗位視点よりも天井側に視点を上げた迫力ある騎乗位を楽しめる素晴らしい体位です。
なんと本作は、本編は全てその角度。
しかもただその角度なだけじゃない。見上げる角度ということは、言い換えると常に女優さんから見下ろされてるということです。
それを利用した、見事なストーリー。
八乃つばささんに、身体だけじゃなく心も支配されます。

作品ページのあらすじを読むとわかる通り、主人公は睡眠薬を飲まされパンツ一枚にして寝そべらされてます。その動けない僕に、囁くように優しい声音で迫ってくる。でも肝心な時は声のトーンを上げてくる。この声音の抑揚の使い方も素晴らしい、流石つばささん。
この作品は、「支配されてる」感覚が強いです。犯されてるのではなくて、つばささんの魅力で身も心も屈服してしまうような。きっとサキュバスに堕ちていくのはこういう感覚なんでしょうね。
例えば顔の横にバンと手をついてくる床ドンでの囁きはものすごくゾクゾクきます。
更にJOI的要素(厳密にはJOIとは言えないのでオナサポと言うべき?)も含まれてます。お姉さんに誘惑されながら「シコシコ…シコシコ…」なんて言われたらその通り動いてしまいます。

天井特化+つばささんの振る舞いが完璧に合わさって、僕は完全に目の前の女性の虜になってます。
そんな中で遂に始まるセックス。もちろん全編天井特化騎乗位、これもまたすごい。
つばささんが、全く喘がない。声を我慢して無言でもない、ひたすら喋ってくる。言うなればそのこちらを試すような喋りこそが彼女の喘ぎ声。
喘ぎ声というのは非常に重要な要素です。「自分で感じてくれてる」「気持ち良くなってくれてる」それが分かるし、聴覚からも興奮を高めてくれる。
それがない、けれどそれが良い。簡単に彼女は快楽に堕ちない、僕はまだ彼女に手も足も出ない立場なんだと、支配された者だと刻まれる。

天井特化騎乗位すごい!でもせっかくなら、正常位とかバックとかも見たいなぁってなるのがユーザーというもの。
もちろんそれもある!本編とは別の特典という扱いでいつものVR作品の角度が展開されます。
この中では主導権はちゃんと僕が握ってる、つばささんもいっぱい喘いでくれる。
バックの時には横に鏡を置いて横からのつばささんの身体が見えるようにするグッドアイデア。
そして最も興奮したのが正常位。
ここでつばささんに言われる、

「そろそろ私のこと支配したくなってきたでしょ?」

衝撃、支配支配と感じてたのはあくまでも自分の感想だったのに。作品を通して「支配」されることは計算されてた、つまり僕はこの作品の考える通りの計算通りの感情になってたんだと。掌で踊らされてた!
このダブルパンチはヤバかった、そこからの正常位はめちゃくちゃ気持ちいい、気持ちも完璧にシンクロした。

天井特化角度を見事に活かすシナリオとそれをやってのけるつばささん。
2つ合わさったとてつもない作品です。
ウービィ

VRといえばやはり天井特化は外せないですよね。寝たまま全てを任せたまま射精まで導いてくれる・・・
これはもう仮想性感マッサージと言っても過言ではないかと。
需要を考えて、正常位パートがあるのも配慮されてる作品だと思います
VR館Takumi~消えないゴーグル跡~

元祖天井特化の2作目。
前作の永瀬ゆいちゃんの天井特化が好評で続編が期待された今作ですが
『天井特化』という言葉を更にVRファンの間に浸透させてくれた作品だと思います。
他メーカーさんでもちはほらとこのアングルを採用するのが確認できるようになりましたね。
つい最近のAbemaでも普通に【天井特化】が紹介されてて笑ってしまったw
ハリマオとしては嬉しい限りです。
そんな妄想を映像化してくれたKMPさんはやっぱすごいと思う。
イチユーザーの夢物語を笑わずにガチで行動に移すとか尋常じゃないっすよw
ハッキリ言うともう顔の切れない天井特化じゃないと満足できない身体になりましたw

隣に住む綺麗なつばさお姉ちゃんに薬を盛られ、身動きができなくなった僕にマウントを取る。
真上から淫語を浴びせながら徹底的に攻め抜きます。
激しくパンパンと打ち付ける杭打ち騎乗位が鬼のようにエロい。
ほぼ逆レイプ、だがそれがいい!!

トドメは【床ドン騎乗位】
このシーンで何回射精したことか…ヤバイです。
ドンッ!と僕の両耳をかすめて床に手を着き覆いかぶさるつばさちゃん…
顔が近い…綺麗…スキ…
汗だくなのに美しいお顔にドキドキ…
容赦なく叩きつけられるピストンと垂らされる唾液。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおww
エロすぎだろがあああああああああああああああwwww

しかも、覆いかぶさり正常位や鏡を用いた後背位等、しっかりと他の要素も楽しめるという隙のなさ。
今期のベストオブオナニーVRではないでしょうか。
神VRです。

販売サイトにて天井特化シリーズのタグが出来、これからも続々産み出される予定なので嬉しさしかないです。
宮迫メンバー監督ありがとう!!


ハリマオ

[採点:54/60点(ふぁぼ:6、新機軸:10、演技:9、エロ:10、密着:10、淫語:9)]

「天井特化」は2020年上半期を振り返るのに欠かせない。今作はその名も『全編天井特化アングルVR』。効能を最大限訴求するタイトルは、例えるなら『JAWS(ジョーズ)』を「サメのホラー!」と名付けるようなものだし、『シャイニング』なら「超こわいお父さん!」と名付けるようなもので、情感ないことおびただしい。しかし宮迫メンバー監督はとにかくセックスの情感を撮るのがうまい。まさにこの距離!という臨場感にあふれ、なぜか画質もひときわ良く感じる。

そのうえ、今作は八乃つばさ独特の「八乃語」の威力もあって、淫語がすばらしい。痴女M男AV並みにツボを押さえた言葉選び。にも関わらず、途中で「今度は君がアタシを責めたくなったでしょう?」と、痴女M男AVで忌み嫌われる「逆転」があるけれど、以後のバックも正常位も抜群なのは、やっぱりこの監督ならではだと思う。

「天井特化」は、「このエロVRがすごい!」でも活躍しているハリマオさんが考案した、ことになっている。このあたりについて、Twitterのタイムラインからわかる範囲でかんたんにまとめておく。

2019年3月に、ハリマオさんは次のようなツイートをしている。

KMP VRさんが次のようにリプしているのが興味深い。

読み進めていくと「天井が全開で見えるアングルで」とあるが、2018年6月くらいから、この天井願望をハリマオさんは口にしている。
そして、はっきり図解されたのが、2019年8月のこちら。
ぜひ、このツイートは、ツリーを最初からじっくりたどってほしい。

この後、ハリマオさんがどんな活躍をして、今の「(とくにKMPの)天井特化」ブームに至ったのか、経緯は知らないが、重要な役割を果たしたことは確かだろう。

一方で、時を前後し、さまざまな制作者がやはり覆いかぶさっても顔が切れない騎乗位撮影のチャレンジを繰り返していたことに注目したい。上記のツリーを読んでもらうとわかるが、アリスJAPAN VRさんも天井にカメラを向ける角度を試行錯誤していることがうかがえるし、ナチュラルハイ『汗だく種搾りプレスVR 〜』(2019年7月)で、これまでにない種搾りプレス(ちんぐり騎乗位)の体感が得られた理由として、これまでより天井を向いたカメラ角度があったことに自分は触れている。

また、unfinished『隣に住む憧れのお姉さんが無防備すぎて僕は、、、 佐藤ゆか』(2019年12月)で見られる視野の仰角が大きい覆いかぶさり騎乗位は、明確に意図されたものだと聞いた。ハリマオさんによれば、KMP『すっごい射精管理。ご奉仕痴女と連続’奥’射精!! 優梨まいな』(2019年6月)、同じくKMP『篠宮ゆりVR 篠宮ゆりを楽しむ夢の4シチュエーション』(2019年7月)でも天井特化の原型が見られる。きっと他にもたくさんあるはずだ。

ハリマオさんの慧眼、図解し抽象化する力、何よりその魅力を周囲に伝えて巻き込む力はすばらしい。ユーザーの要望をくみとりVR AVならではの「コンセプト」として定着させた宮迫メンバー監督もすばらしい。そして、同時多発的に、多くのメーカー、監督がそれぞれ独自にこの見せ方を「発見」し、実際に映像化していることも忘れるべきではないだろう。日々、VR AVのこうした進化を目の当たりにできるのは、たまたまその時代に居合わせた特権で、ずいぶん幸せなことだと思う。
ぱちべえ

2020上半期という枠を“リリース済みの全てのアダルトVR”に広げても選出したいくらいエロ良い作品なのです!もうね、言いなりですよ…どんどんダメになっちゃう…見上げる八乃さんに堕ちていっちゃうのです…あの瞳に見つめられるてるだけでぐわぁぁぁっときますね!

冒頭で薬を盛られる設定なので敢えてちょっと薄目で意識朦朧になってる感じで見るのもおすすめですよ!騙されたと思って試してみてください!

それにしても天井特化はすばらしいのです!このアングルがあるかないかを購入基準の1つにしてもいいくらいすばらしい!お気に入りのあの作品にこのアングルがあったなら…って思うくらいすばらしいです!
これからこのアングルの作品がどんどん増えていくかと思うとワクワクが止まらないですね!
あ〜たん@めぐみ〜ランドR18

彼女と一緒に行ったエステで隣で施術を受けている彼女がエステティシャンにNTRされていた!しかもそれを見てしまったボクもエステティシャンにNTRされてしまい、まさかのカップル同時NTR!のパッケージ画像彼女と一緒に行ったエステで隣で施術を受けている彼女がエステティシャンにNTRされていた!しかもそれを見てしまったボクもエステティシャンにNTRされてしまい、まさかのカップル同時NTR!

メーカーHunter

監督まさのり

出演河北はるな 美園和花 真宮あや

得票数5

投票者コメント

バサラ:和やかな雰囲気で進むカップル同時エステ。ここからどうやってエロ展開に?と思ったら、彼女にアイマスクを着けさせてじわじわヌルッと痴女化していくエステティシャン!

キオ:どこからが当たり前でどこからが異常なのか、目隠しのせいで彼女はわからないんだ。ぐるんぐるんカラダをひっくり返されて、感じさせられて、ついに目隠し取られちゃった!キャー!目の前で彼氏が!

バサラ:一見悪徳エステものだが媚薬なし。レズ要素、ネトラレ要素、調教要素もあって、とてつもなくヌケる作品に。これは名作であろう!
バサラとキオのアダルトVR Impression!

彼女の身体が普通体型なのが最大の勝因である。
アダクラ@クッキングVRパパ

NTRエステものの変異進化型
彼女を攻めるのが女性というのが目新しいところで
これが実に効果的
90分でテンポも良いので
導入の自然な会話から急激にエロカーブが上がる
美園和花嬢がしっかりとレズ攻めしてくれるので彼女のイキッぷりが良い
なにより本作での河北はるな嬢が美しすぎる
クールで落ち着いた雰囲気がエステティシャンにどハマリで
ずっと見つめていたいほどのエロ可愛さ
Robben7

[採点:59/60点(ふぁぼ:10、新機軸:10、演技:10、エロ:10、ハーレム:9、淫語:10)]

今作の世界線は「悪魔的な魅力と思考の女たちが、カノジョにレズレイプまがいの行為におよび、同時に、目の前でカレシも強引にネトる。悪魔的な女たちはドSにカップルを挑発しつづけ、いつの間にかカノジョは洗脳されたようにセックスに没頭していく……」というものだ。なんとすばらしい世界線。

2020年上半期は「世界線の成立」がVR AVの大きな課題になると思っていた。

たいていのVR AVで、ユーザーは主人公となる。映像内の登場人物となって、その時間を生きることになる。そのことにもっと制作側もユーザー側も意識的になっていいんじゃないかと思う。シンクロさせなければならないのはチンポジだけではないのだ。状況を理解し、受け入れ、感情を沿わせなければならない。※これを「心クロ(シンクロ)」と呼ぶ。

めざす世界線があやふやに終わる作品は多い。女優、主人公(つまり自分)の動機や行動がちぐはぐなことがよくある。「作品中の時間を生きる」ことがVR AVの楽しみの一つなら、世界線のゆくえを安心してたどれることは大いに重要だ。

女優にとっても不明瞭な世界線で、演技する手がかりを与えられないまま放り出されたら、どうたたずんでよいのかわからない。VRでは「女優の演技力」がとくに必要とよく言われるが、はたして「演技力」なるものは女優だけの責任なのか。

だから、世界線を把握するための「地図」が女優に渡されているか、自分は気になる。

この作品の野心的な世界線は見事に成立している。世界線の地図は、三人の女優にしっかり渡されている。そして、三人ともかんぺきに地図を理解している。それぞれに発する視線の絡み合い方が絶妙で、美園和花の「オマエノ カノジョ オイシイゾ」とあざ笑っているような悪魔的な視線には戦慄した。あやすように男を転がす河北はるなの女性上位感は圧倒的だった。真宮あやはネトられ、エスカレートしていくカノジョという超難役を見事に果たした。

きわめて魅力的で、きわめて難しい世界線を成立させた女優陣と監督を絶賛する。VR AVハーレムで、ここまで安心して世界線をさまよえる作品はなかった。半泣きの自分と、けんめいに腰を振る真宮あやのかたわらで、「オマエノ カレシサン コンナカオ シタコトアルカ……」と、河北はるなと美園和花がまだ笑っている気がする。
ぱちべえ

エステティシャンの目は口程に物を言う、です。
仮面ライダーVR18禁

枢木あおい カーセックスVR「ここでセックス…しよや」黒髪かわいい敏感ボディのえちえちなバイトと強●車中不倫!のパッケージ画像枢木あおい カーセックスVR「ここでセックス…しよや」黒髪かわいい敏感ボディのえちえちなバイトと強●車中不倫!

メーカーCRYSTAL VR

監督くりぞう

出演枢木あおい

得票数4

投票者コメント

僕の大好きなくりぞう監督×枢木あおいさん!

関西弁の強気なあおいさんにめちゃくちゃされます!
カーセックスってあまりプレイスタイルやエロい部分が制限されそうなシチュエーションですが、そこはくりぞう監督。
僕では思いつかないようなプレイをみせてくれました!

ただただ抱き合ってるだけなのに【部屋】でやるより【車】という特殊な場所でやってる事に興奮を覚えます!

車内照明を駆使しているようで普通の作品より暗くなるはずが
他の作品よりも明るくみえるので画質が綺麗に見えます!

個人的には最後の着替えシーンのイチャイチャが好きです!
不倫はダメだけどこんなイチャイチャできる彼女ほしいです。。。
RoseliaMonster

バサラ:初めて視たときはブログに「出会ったばかりの頃のうぶうぶなあおいちゃんは居なくなってしまったワケではなかった。プンスカしたりイジワルしたりしていたのも、俺のことを好きすぎてずっと一緒に居たかったからなんだな。ちゃんとここに、あの頃のままのあおいちゃんが居るんだよ」なんて感想を書いた。ところが、Twitterでくりぞう監督から意味深なコメントが

キオ:その謎を解こうと繰り返し視たんだよね。そしたら、全然違う結論にたどり着いたんだ。すごく印象に残った作品です

バサラ:この作品をきっかけに、登場人物の気持ちを考える癖がついてしまった。それに耐えうる枢木あおいちゃんの演技もすばらしければ、脚本も演出もすごい!もはや文学と言っていい。

キオ:うん。VRの中にリアルな人間が生きてます。でも、不倫はやっぱやめようね!
バサラとキオのアダルトVR Impression!

枢木あおいさんの演技力が半端なく、可愛いけど怖いとさえ思える演技力がスゴイ
とも@?

はじめと最後のギャップ
本当にカーセックスしてるかのように錯覚してしまう
キャベツ