2021年上半期 投票受付中です!

ウービィさんが選んだ「すごいエロVR」 2020年下半期

ウービィさんが選んだ「すごいエロVR」 2020年下半期

Contents

推薦作品 1
ジャケット画像【VR】いちゃラブ天井特化アングルVR ~るかチャンのおっぱいをひたすら下から見る~ 稲場るか

天井特化シリーズは、2020年下半期のVR界を席巻するバケモノシリーズです。
色んな女優さんで女優さん毎にシチュを展開してくる、念願だった「このシチュを色んな女優さんで見たい!」を体現してくれたシリーズ。
そのシリーズも最初は女性優位を活かしたシナリオが多かった。
そんな中登場したのが、初めて『いちゃラブ天井特化』と銘打った念願のるかちゃんの天井特化。

すき焼きを食べるシーンで始まり、楽しくお喋り。
お酒を調子に乗って飲んでしまって寝てしまう僕。
目覚めると僕の上に跨っているるかちゃん。
始まる天井特化アングルでのイチャイチャシーン。
寝ながらで見やすいアングルでのフェラ、至近距離のおっぱい、クンニなどなど……と、そんなのは分かり切っているんです。
何故なら監督が僕の大好きな宮迫メンバーだもの!!!!この方の作品はエロの構成が僕のドストライクすぎる!特に覆い被さり正常位ね!!

では、この作品で特筆すべきなのは何なのか。

「るかちゃんの声音がめちゃくちゃ優しい」

恋人設定である、なんていうのは文字で表すだけじゃ足りない。如何にシナリオで、目の前の女優さんが僕に感じさせてくれるか。
その点今回のるかちゃんの声はほんっとに優しい、僕への愛しさがこもったようなその優しく甘い声音は僕の心の中にスッと溶けていく。
あぁ、彼女も僕が大好きなんだと伝わってくる。
この声音で愛を囁かれる。「好き」「大好き」って。
しかもそれがずっと、ずっと優しい。
数多のばーるかVRを見てきた僕は聞き分ける……ごめんなさい調子乗りました。でも確かに声音がいつもと違うのです。
ほんとに優しいという表現がピタッとハマるような声音。愛しさ、慈しみがこもっている。女神ばーるかである。
お互いがお互いを好きで、想い合っている大学生カップル、その設定が身をもって伝わってくる。

しかし、それだけでも好きが伝わるのにさらにそれを感じさせる要素が。
話してる途中に時々挟まってくる「他の子見ちゃダメだよ?」「私のものだからね」など。
独占欲強めな恋人なら出てもおかしくないフレーズだけど、この時のるかちゃんの表情。
優しい声は変わらないのに、意志を秘めた力強い目で僕を見つめてくる。俗に言うハイライト。
ゾクっとする、こんなにも僕を想ってくれる彼女には深い闇があるのかもしれない。

天井特化アングルとはつまり、僕は彼女を見上げている。彼女は僕を見下ろしている。
だからこそ無意識に、彼女に支配されているように感じる。でもいちゃラブだから、それは他の天井特化のように深くは感じない。
けれどもこの作品でるかちゃんは、恋人の僕を自分の傍にいてほしい、離したくない、支配していたいという欲求を秘めていて、その心の内を天井特化アングルを活かして表現しようとしているのかもしれない。

でもそれは、僕にとったらご褒美なのですね!
だって僕も病み気味にるかちゃんLOVEなのだから!!!
大学生なのにこんなにも互いを想い合う、いやむしろ大学生だからこそか。不安定な2人の関係を確かなものにするために、互いの愛をぶつけ合う。
いちゃラブ天井特化とは言うものの天井特化、一筋縄ではいかないね。

エロシーン語るならば、天井特化アングルでの挿入です、そりゃ騎乗位よ。
緩急自在な腰使い、間近に迫る可愛いフェイス、上下に動く度に目の前で弾むおっぱい、可愛い顔、間近に見える感じてる顔……何よりその腰使いがさすが!すごすぎる!クチュクチュと音も鳴るし、肉がぶつかり合うパンパン音!
ほんとにすごかった、何ですかいちゃラブでの天井特化騎乗位の破壊力は。このまま抱きしめて離したくない。
動いてる間にもキスや愛の囁きも挟んでくるので、心の結びつきもどんどん強くなる!身体も繋がり心ももっと繋がる!
気持ちいい、心の底から湧き上がる気持ち良さ!

そして、そろそろ発射だろうなと思う頃にこの作品屈指の暴発シーン。
るかちゃんから中出し懇願である。
よく聞くのは「イきそう?いいよ、出して、そのまま出して!中に出して!」的なものですよね。
が、今回はそんな甘くなかった。

「中に出して……赤ちゃん欲しいの!」

このワンフレーズに、初見時は暴発し今見てもなおイってしまう。
恐らく記憶の限り、るかちゃんの作品で中出しが意味する事を言葉にして言われたのは初めて。だからこそ、気持ちが昂りまくる。
元からイく予定だけど違うのだよ、理性が飛ぶとでも言うのか……この瞬間時止まったのではと錯覚するような衝撃。

しかし、それだけじゃない!
天井特化が終わってもいつものVRでの角度による対面座位にバックに正常位with鏡!
1発で終わらせねぇよとばかり!
この鏡がやっぱりいい仕事をする。バックの時に顔と横乳が見えるのはたまらん、最高。
正常位も大好きな角度だし、鏡もあってなお良し!
やはり宮迫メンバー監督のアングルは最高!

何度見ても楽しいエロい、これほどまでに完成されたいちゃラブは中々産まれないでしょう。

推薦作品 2
ジャケット画像【VR】「私のこと、知ってますか?」。噂のCM美少女と心臓がチクチクする恋、そして初めての性交。70億分の1、可愛すぎるいちかのスペシャル特典付き! 松本いちか

エモすぎる、エモーショナル学生カップルライフ!
歴史上No. 1のキュンとくるカップルいちゃラブだよ!!!ヤバイすごいなんだこれは!?
と、初見時びっくりするぐらいハートキュンキュンしたこちら。
妄想したシチュを具現化した上初々しいカップルを極めたいちかさんとのいちゃラブ、必見です。

画面の向こうの好きな人がクラスメイトという妄想シチュ、手の届かない高嶺の花だと思っていた。
それがアニメという共通の話題から毎週話すようになって、『憧れの好き』だったのが『恋愛の好き』へと昇華する。
文字にすればよくあるというか、学生時代妄想した鉄板ネタ。
それを丁寧に丁寧に時間を掛けて、僕といちかさんが仲良くなっていく様を描くことでとてつもなくキュンキュンポイントが高いっ!
好きなキャラクター『ビントろ(ろはひらがな!)』くんトークになると早口で饒舌なのも既視感可愛い(^◇^;)
VRでこのストーリーを丁寧に作られてはどうしようもないですね!

確かに最初は芸能人の『いちか』を可愛いと思って好きになった。
けれど喋っていると、彼女もただの僕と同じ学生、普通の女の子なんだと分かってくる。
いつの間にか、僕は目の前の『いちか』を好きになっていた。
そして、彼女にとっても恋をするには十分な時間を2人で過ごしていた。
この心の変遷を時間を掛けて丁寧に描いてくれてるので、最早ガチ恋です。
告白シーンがあるのは素晴らしい、もっと心のキュンキュンが増します!

お部屋にシーンが変わると、待ちに待った2人の初セックス。
これがもう素晴らしい!
普通ならキスをして、服の上から触り、脱ぎ、攻守交代し、挿入があるのが1つのテンプレ。
その流れはそのまま、けど今回は初めてのセックス、しかも恋に慣れてないウブでピュアな2人!
何をするにもいちかさんが恥ずかしさで照れまくるのが最高に可愛い!
キスをしてると、「もっと好きになっちゃった……」なんてキュンセリフ言えば。
服を脱がせる時にも念のため下着確認したり、恥ずかしがって止めようとしたり。
事あるごとに行為が止まってじれったいかもしれない。流れを切るからマイナスに働くかもしれない。
でもリアルなら、この時間すらも愛しい。そのリアルに入り込んでるからついつい優しく微笑んで彼女を安心させてあげたい。
服を脱がすだけじゃダメなのです、彼女が分厚く分厚く身に纏ってる恥ずかしさもゆっくり丁寧に脱がしてあげないといけない。
丁寧に2人の距離を演出してきた、さらにセックスになってもその丁寧さは失わず、2人の関係をもっと深くしてくれる。

セックスとは気持ちよくなるためだけじゃなく、恋人とのかけがえのない時間を作り上げるものなのです!
しかもただ恥ずかしさを足してるだけじゃない。こしょこしょを挟んだりして単調な作業にならない、楽しく2人でイチャイチャできる!逆にいちかさんが攻める時にはこちらが恥ずかしがったり!

2人でゆっくりと作り上げていくセックスに愛情爆発(*^◯^*)
そして今回のいちかさんは『すきっと』というドリンクのCMにでてまして。
そのCMの特典がラストにおまけとしてついてるけど、CMの別パターンがまた面白くて好き(??????)

心にキュンとくる、青春はゴーグルの中にあるっ!

推薦作品 3
ジャケット画像【VR】unfinished初ハメ撮りVR!援●交際ロリJ●は俺のチ○ポにガチハマリ つぐみ

ハメ撮りVR、男優さんの頭にカメラを付けることでVRの動けないというデメリットを消してるこの2年ほどで出てきた新しい手法です。
ただ、揺れが激しいために画面酔いやキス位置のズレ、画質の問題など課題も見られます。
そんな中で、2020年下半期のすごいハメ撮り作品としてこちら!
ハメ撮り作品は他にも二本候補はあったんですが、他にはない特徴を持つこの作品を選びます。

この作品のハメ撮りの最大の特徴は、自由に動ける可変式と普段のVRの固定式を組み合わせたところです。
基本は固定で、いつものVR。画面揺れもほぼなく男優の声の漏れやチンポジのズレなども目立たず。
ではどこが違うかというと、移動や体位を変える時のスムーズさ!
普段ならカットされるか「ググー」って感じに寄っていく動きではなく、実際自分が動いている臨場感溢れる映像は没入感を削がずなおかつハメ撮りVRの魅力を感じられます。荒々しい揺れではなくスーッと動く。
でもそのまま可変式で揺れながらセックスするのでなく、固定式に近いいつものVR。

大事な所は『固定式』で慣れ親しんだVR。これのおかげで酔いやすい人もエロいシーンをちゃんと楽しめる(楽しみやすい?)
そして移動する時などは『ハメ撮り』の技術、『可変式』。
それによりハメ撮りらしさを演出してくる。

『ハメ撮りVRはハメ撮りの魅力があると思って、VRとハメ撮りVRは別物と見る』
と思ってましたが、今作は上手く『固定式×可変式』を混ぜてました。ハメ撮りVRの真の魅力(個人的にこれは自由に動けることによるリアルさ)とはまた違うけれど、「リアルに自分が動く」というのがどんなものなのか。
それを体験するには丁度いい作品だと思いますね。
慣れ親しんだ固定式で見やすく、可変式で自分が動くことで臨場感の演出もある。
そして可変式だからか、自然と天井特化アングルの騎乗位になっていたり、覆い被さり正常位がよりリアルに見える!
どういう撮り方をしてるかは不明ですが、この固定と可変を組み合わせた撮り方はVRの新たな可能性を感じます!

女優さんがとても可愛くてね、援交感溢れる等身大JKを感じさせる。会話シーンも結構あるけど、相槌も上手でVR適性がかなり高く見えます!
女優さんも技術もシチュも、全てがうまく噛み合った作品です!

推薦作品 4
ジャケット画像【VR】卑猥な体に汗と体液が馴染む最高に下劣で濃厚な不倫セックス体験談 田中ねね

言うなれば『不倫セックス体験談体験VR』
珍しいVRのストーリーの進め方でした。
本来VRを見る時、僕は作中の男、自分の分身の主観の人物に感情移入してます。
けれどこの作品では、全くと言っていいほどこの男に感情移入はしない。むしろ人妻である田中ねねさんの方に感情が入り込む。
よく掲示板なんかに不倫体験の話があったりするけど、ああいうのを読んでる感覚に近い。女性視点で描かれる体験談に興奮を覚える、別に男側に入り込んだりもせず。

進め方が面白いとは、ただ人妻と同窓会で再会してセックスした!
ではないのです。
セックスシーンは、回想として送られるのです。

この作品は「ねねさん」という人妻が、自分が行った同窓会をきっかけに始まった性体験を語るところから始まる。
「学生の頃好きな人がいて」「彼は人気者、私は隅っこの人」「そんな私にも優しくしてくれて」「彼が来るから私も同窓会へ」「ただ、近況を知りたくて」
決して不倫するため、なんて下心はないと話しつつ、同窓会の一次会の回想へ。
1人で座る彼女へ話しかける僕(=彼)
この時の、「あの頃好きだった人に話しかけられてどうしたらいいのか」としどろもどろになるのが、語られていた「隅っこ女子」を際立たせてくる。
そしてまた舞台は現在の語りへ。
また語られていき、「二次会のカラオケでそっと手を握られた」「驚いて帰ってしまった」「その後、電話が来て自宅へ彼が来ることになった」
また舞台は、その日へと戻る。

こうして『ねねさんの語り→回想で追体験』の流れがあり、これがねねさんへ感情移入を促してくる。
でもVRだから男の役にもなれる。これぞリアル不倫体験VR!
エッチなシーンの間間に挟まれるねねさんの語り、ここを没入感を削ぐとも見れるけど僕はこれがあるからねねさんへの感情移入が深まり、より不倫体験の興奮が高まる。

この作品で『僕の心理』は明らかにならない。
強いて言えば『学生の頃からの彼女と一月前に別れた』の情報ぐらい。
ここが妄想の捗るポイントで、どうして今ねねさんを求めたのか。妄想の余地が至るところにあって、それが作品を楽しませてくれる。

そして回想を終え、最後もねねさんの語り。
この作品の流れは全て、ねねさんが記者的な人に語っている事を回想で表現してる。
最後、「どうしてこの事を話そうと?」の質問への答えが、決してハッピーエンドではなく不倫という危ない橋を渡っていると自覚しながらやめられない彼女を見事に表現してて、全体を通して面白い作品でした。

ねねさん×不倫というと別メーカーのあれが出るけど、あちらが『エロシーンの暴力』ならこちらは『感情表現の暴力』
なんならこの延長があの世界なんて妄想したっていいじゃない!

推薦作品 5
ジャケット画像【VR】熱を出した日、彼女が献身的に看病してくれる 樋口みつは

まさに恋人とのいちゃラブ!いちゃラブの塊!これだよ、お見舞いシチュで見たかったのはまさにこういうことだよ!!!
となった!一度は妄想したであろう彼女に看病されるシチュ!それが見事に表現されててすごく良い!

デートの日に風邪をひいた僕の家へお見舞いに来てくれた彼女のみつはさん、ここから始まる珠玉の看病いちゃラブ。
心配そうにベッドに腰掛けて熱を測ってくれたり(おでこくっつけてね!)、ポカリ買って来てくれたり、おかゆ作ってくれたり……
恋人らしい優しさと愛ある言葉の数々にメロメロ!この日常のなんてことない恋人らしいやり取り、とても心にグッとくる。心がホッとして、見てる時泣きそうになったんだよね。

僕が汗をかいてるのに気付いてタオルで拭いてくれる。
でもそれを止める僕。汗臭いのを気にしてるんだろうね、付き合ってまだ3回目のデートの予定で自宅に来てもらうのも初というほどのピュアピュアカップルだもの。汚い部分は見せたくないと思うのは当然。
しかし、みつはさん!!

「良い匂い。だって好きな人だもん」

僕はもうこの何回か言ってくれる「好きな人だもん、彼女だもん、恋人だもん」などに心をやられている!付き合って2週間だと、ラブラブっぷりが身に染みて分かる。
実際汗臭いだろうし、その後のおちんちん触ってくれる時だって良い匂いではないと思うんだよ。
でも、不思議と好きな人だとそんなの気にならない。
わざわざ言う必要のない事かもしれないけど、あえて伝え合う。
そしてお互い相手への好きを噛み締める。
これこそ、恋人だ……!
でも汗を拭いてると気づかれる、元気な部分があることを!

「無理しなくていいから」「動かなくていいからね」

気遣いながらも、我慢出来ずに求めてくる彼女。

「彼女に求められて、嫌な彼氏がいるかい?」

そんな返事を頭の中でしながら、いっぱい動いてくれる彼女とのセックスは最高!
特に対面座位→背面座位→振り向き背面座位→なんなら側面座位?
この流れがさいっこうに良かった!振り向き背面座位はやばい、最強のアングルだわ。ここからキスとかされるともう暴発。

騎乗位でも動いてくれて、フィニッシュしてそのままおやすみ……の前に1つイベント!
これもまた恋人エピソード、中身は見てのお楽しみ!でもこれも実は深い意味を持ってると思う!

で、ここで終わりと思うんだよねタイトル的にも。
その考えは甘い、この作品ぐらい甘いっ!
なんと翌日の元気になってからのイチャイチャもある!これもまたとても良かった!

「昨日はありがとう、みつは」

そんな僕の気持ちを込めた、愛あるセックスが展開される!!

流石、シチュへの没入度高めでお送りしてくれるアンフェさん作品。
「恋人がお見舞いに来てくれる」シチュエーションを丁寧に、でも長くならないようにしっかり描いてくれてて最高に幸せな恋人との時間を過ごせる!なによりもみつはさん、まだまだ距離感を測りながら手探りで2人の時間を作っていく初々しいカップルの彼女がピタッとハマってる!セリフ回しがとても良い、この世界を見事に作ってくれてました。

もうみつはさん可愛いのなんの、こんな子が恋人なら楽しいだろうなぁ……あ、僕の恋人でした。

推薦作品 6
ジャケット画像【VR】篠宮ゆりの出る部屋 最初から最後まで寝たままVR!ミニスカニーソ姿の篠宮ゆりの顔ガン見手コキで超幸せ射精!

作品の説明にもある通り、この作品は本番シーンはなしでフェラや手コキなどの前戯までです。代わりに値段も低く抑えられ、時間も30分ほどとなってます。
本番シーンがないけども、それでも他の候補を抑えてこの作品を選ぶだけの理由がギュギュっと詰まってるのです!

僕はこの作品に勝手にサブタイトルを付けてます。

『天井特化前戯ver篠宮ゆり』

まず篠宮ゆりさんという女優さんの作品は、驚くほどにこちらを引き込むVRの実力ピカイチ。甘いボイスが僕の全身を優しく包み込んで気づけば全身を預けて甘えたくなる、ある種ばぶみに近い感情を覚える。
今回も見事で、僕がオール寝姿勢で進むけどググッとこの世界に引き込んでくれる。

この作品は僕が仰向けに寝てる姿勢、つまり天井特化アングルに近い角度で進む。
なので、見やすい!
そのアングルで、VRにしては珍しく奥行きのある広い部屋に横になってる僕。
その奥から、アラレちゃん走りのようなポーズでトコトコと近づいてくるのがゆりさん!このトコトコ走りがまた可愛い!
サンプルにあるようにパンツ見せつけられたり乳首攻めや手コキなどなど、たっぷり前戯をされるんですが、この作品で1番言いたいのはこれらではなく。

『キスが上からくる。』

天井特化はリアルな仰向け景色を再現してくれてるけど、女優さんからのキスが普段のVRの感じに来ると僕が首をかなり起こしてる事になる。もちろんそれでも違和感なく見れるけど、よりリアルで見やすさを追求ならキスはカメラを覆うような上からキスの方が良い!(作品によるところはありますが。)
その上からキスが見事に表現されていてそこがこの作品はすごい!正直このキスの興奮がすごすぎてここでイってもおかしくない。

前戯だけとはいえ、ゆりさんの囁きボイスに顔が間近の手コキなど素晴らしい要素も盛り盛り。むしろ26分でこれだけのクオリティを出してくるならフルになってたらどうなってたのか。
この短さで素晴らしいクオリティ、すごい!

推薦作品 7
ジャケット画像【VR】絶倫姉妹 父の再婚相手の連れ子が性欲が強すぎて親に内緒でどんな時も姉妹平等に毎回2度ヌキしてくる 宮沢ちはる×枢木あおい

このエロで歴代女優部門1位常連のVR女王枢木あおいさん!
そしてこのエロ2020上半期のVR女王宮沢ちはるさん!

待ちに待った念願の2人の共演作!これはもう選ぶ事になるだろうなと思ってたけど、内容を見て更に迷う事なく投票確定!
VRがとびきり上手な2人を組ませたらこんなにもすごくなるのかと、分かってたけど衝撃!

VR初期から見てると、ついついあおいさんの方がでぇベテランで先輩に感じるけど、実はちはるさんの方が年上なのですね。
それをしっかり活かした落ち着いた姉ちはると活発破天荒妹あおいの設定がグッド!妹のあおいさんが自由奔放に動き回り好き勝手してる感が楽しいです。それを姉は止める役かと思いきや2人してノリノリである、ノリノリで一回ずつヤられて大変。

単体でVRの経験を豊富に積んでる2人、個々の能力が高いしコンビになっても攻めと引き、このバランスとメリハリが流石。
互いの良さを潰し合わずぶつけ合う!
1人を立てつつ、自分は目立たないように目立つ。
VRの3Pで求められるこのクソ難しいスキルですが、個々のレベルが高いからこその各絡みシーンの質の高いこと!
特に横ではなく、背後に回って囁いてくるのはびっくり。背後というのは過去いくつか行われてるやつですが、僕は大好きです。見えないのにいる、VRだからこその没入感と想像力が試されるけどハマった時の興奮が異常。

エロシーンはとんでもないクオリティといくつもシーンがあってボリュームもすごい!
ただエロいだけじゃ違うんだよ、やっぱり没入し体験するVRでは何気ないお喋りとかのドラマパートが好きなんですよ。そういうシーンがしっかりあると作品の中にどんどん引き込まれてとても好きになる。
その点こちら、序盤で3人のキャラを確立させるやり取りにコミカルな2人の動き!部屋の小物を使ったやり取りが見てて楽しい!そして演技が自然、もう演技なのかその場を本当に楽しんでるのか分からないほど。

お喋りのドラマパートよし!
エロシーンのクオリティよし!
複数回射精シーンありすぎてよし!
あおいさんとちはるさんが流石すぎる表現力でよし!
文句なし、圧巻のすごさでした!

推薦作品 8
ジャケット画像【VR】新アングル!地面特化VR※超覆い被さり視点 激カワだが超生意気でロリビッチな妹をお仕置き種付けプレス! 松本いちか

これはすごい、すごいです!
目玉はもちろんタイトルにある地面特化!
そして松本いちかさんのルックスと小生意気な妹のキャラクターがシチュとマッチ!

地面特化がどんなアングルなのかはサンプル等を見てもらう方が早いです。
いちかさんを組み伏せていて顔がめちゃくちゃ近く、それを見下ろせる!
これは地面特化だからこその素晴らしさ!
左サイドに鏡、右サイドにはモニターの二段構えで寝バック・正常位などの時の多重アングルがグッド!
特に寝バックのほぼ目の前が後頭部で髪の毛ふぁさーな感じ、つい顔埋めてクンカクンカしちゃうね!?最高かな!?

そして僕は覆い被さり正常位が大好きでして。
リアルの正常位に近づけるためこの正常位のアングルがVRでは過去から試行錯誤されてきてるけど、地面特化は覆い被さり正常位どころか『マジリアル正常位』!彼女と密着し、組み伏せて、突ける!後はここに自分からキスしにいく技術が付いたら僕はもう絶頂するね!!なくてもしたけど。

ただし、見る時は一工夫必要です。受動的ではなく能動的に見るとVRはどんどん良くなりますが、これは尚更です。
いつものように椅子に座ったままなど、楽に見ようとしたらダメなアングルです。自らも四つん這いになり、ゴーグルの設定で中心点を下向きにして角度調節したらバッチリです! 本当にそこにいちかさんがいる!

この地面特化正常位、さらに極めていけば間違いなく天井特化騎乗位並みの素晴らしいアングルになると思います!
是非とも色んな女優さんで見たい、組み伏せて無理やりだけじゃなくて情熱的な求めあうセックスでも相性いいと思いますね!

推薦作品 9
ジャケット画像【VR】マジックミラーペアルームNTRエステ 小倉由菜

キタキタキタ!あのペアルームNTRエステシリーズに、ついにSODstarの小倉由菜さん!
おぐゆなさんと言うと、僕は去年のこのエロに選んだ『リアルAV男優シリーズ』で心奪われる程の衝撃的な体験をしたんですが、それ以来にまた来た!
このペアルームシリーズ、僕の好きな『彼女がいるのに他の女性に寝取られる』ってシチュに加えて隣では彼女もされてると。
更に焦らしに焦らし、しかも作中の僕がAVにしては珍しく耐えるんですね。中々堕ちない。
まさにおぐゆなVS自分な構図。
ここの女優さんの攻めスキルに個々の魅力があってとても好きです。

今回の場合、小悪魔チックな微笑みに明るく攻めてくる。耐える僕を見て「どうしてそんな我慢するの?」「もう諦めちゃえばいいのに」と迫ってくる姿が最高。しかも隣でガンガンに喘がされてる僕の彼女の姿を見させてきたり、実況してきたり、あの手この手で僕から求めさせようとする。
隣にいる彼女の姿も興奮を高める要素としてしっかり活かしつつ、しかし僕の心を奪おうとしてくる。
でもどれだけ迫られても全然堕ちない、作中の僕の粘りが本当にすごい。それだけ彼女が大事なのか、しかしその彼女は隣で自ら男性施術師を求める。
このシリーズはやっぱりここの僕の感情を弄ぶような作りが意地悪。
今回は最初はパーテーションで影だけにしながら、途中でマジックミラーに変える合わせ技。これがまた想像と現実を切り替えるのにとても良かった。

このシリーズ自体が強いのに、おぐゆなさんの表現力がお見事でした。
すっかり心奪われて最後はおぐゆなさんに夢中になっちゃいました!

推薦作品 10
ジャケット画像【VR】舐めマニアのボクが女性用風俗のセラピストになって女性を舐めイキさせまくるVR!! スムーズな視点移動と高画質で全身舐めがVR史上最リアル!!

これは見た時に「すごい!」と選ぶ事を決めた作品です。女優さんが稲場るかさんなのを除いてもなおすごいです。

視点移動ありで送る前半のマッサージシーンと従来のVRの後半のセックスシーン!
じっくり時間を掛けて進むマッサージがまずすごい、キスも多いし体位も豊富でセックスシーンもとても良い!

最大限にこの作品の魅力を発揮するには2つ注意点が。
・ハメ撮りVRのように激しくはないけどゆっくり身体を舐め回すように動くので酔いやすい人は注意
・受け身ではなく能動的にこちらがガンガン動く事!だって僕がマッサージをしてる設定なんだもの!それをしないと前半のマッサージシーン「なにしてん?」ってなるから。

作品の中身ですが。
女性用風俗のセラピスト設定の僕、初めてこういう店を利用するるかちゃんに優しくマッサージをしていきます。
普段は動ける女性がマッサージされる側なので、あまり動けません。だから動く側である僕が姿勢を合わせていかないと、没入度は薄いです。寝ている彼女をただ座って見てもそりゃアングルとしてはよろしくないです。

このマッサージが、AVらしからぬゆっくり優しく丁寧に進むので派手さがない。お尻周りから女性器までをゆっくりフェザータッチで触っていったり。ダイレクトなエロさに欠けるけれど、じっくりしたマッサージに没入すると不思議と気持ちが昂ってくる。
しかもサンプル動画の52秒ぐらいを見ると分かりやすいけど、パンツを履いたままうつ伏せのるかちゃんのお尻をノーモザで近距離で観れるし揉める!
モザイクのギリギリを攻めてくる、これがまた素晴らしかったですね。流石に途中でパンツがズレてモザイク掛かるけど、ノーモザで近距離でのこのマッサージシーン、すごい。あんまり近距離でのお尻とか興奮しないけどこの作品ではまた新しい興奮の扉が開かれちゃった。

ここまではフェザータッチで優しく指で全身のマッサージ。
これが終わると、この作品の肝の『舐め』です。

この舐めシーンを観る前に、1つイメージして欲しいです。

『仰向けに寝てる彼女がいます。彼女にクンニをする時、あなたはどういう姿勢を取りますか?』

恐らく、四つん這いになるか手を床について前屈みになってるはずです。
この姿勢こそ、舐めシーンを最大限楽しむ秘訣。騙されたと思ってそれで観て欲しいです!

視点移動を利用して、超至近距離でるかちゃんの四肢を観れる、いや舐めれる!めちゃくちゃ近いです、この距離感は視点移動ならではの魅力です。
ただ課題なのが、舐めを視点移動だけで表現してるので、頭の上か額辺りにカメラがあるであろう関係で『どこを舐めてるか』が分かりにくい事が多い事です。
実際自分が舐めてるように唾音を鳴らすと『鼻息問題』のように賛否両論出ると思うので、これは難しいところです。
でも舐めた跡を示すように唾を垂らしておく表現はグッドです。特に乳首を舐めた後に乳首が濡れてるのはポイント高いっ!
後この乳首を舐めるシーン、仰向けにるかちゃんが寝てる。
その彼女の乳首を舐めるのですごーーーーく至近距離にるかちゃんの顔が真正面に見えます!まさしくリアルな角度!これがとんでもなく素晴らしい景色で!
是非ともこの近さの正常位を撮ってくださいお願いします僕の求めてる景色に近い!
他にも指を挿入して動かす時、AVらしいガシガシした手マンじゃなく、指を押し込んで揉むようにマッサージするように。この時の「クチュ…クチュ…」と聞こえてくる音がとてつもなくエロさを際立たせてくる!

前半はマッサージシーンで珍しいアングルの連発で、後半はいつものVR。
が、ここまで時間をかけてじっくりマッサージした甲斐がある見事なシーンの始まりです。

マッサージを受けて気持ちよさそうにリラックスしたるかちゃん。
トロンとした感じに甘い声でハグをしたり、キスしたり。今回はこのキスがいっぱいあります!しかもそれが、気持ち良くてたまらないとばかりにめちゃくちゃ求めてくるキス!
カップルじゃないのに、まるでカップルのような甘いイチャイチャです。

最初の正常位が肘立てで、個人的には断然覆い被さり派ですが、今回のは肘立てがピッタリ!
肘立てのメリットは、女優さんが顔を楽に近付けられる事だと思ってます。
なので今回だと、キスがどんどん来る!これがヤバい、正常位キスは暴発の危険度が高い。
更に騎乗位は顔近め天井特化アングル!いつも観る天井特化より近いので、イメージとしては僕が肘をついて上半身を少し起こしてる感じかも。
背面座位にも暴発危険シーン!
振り向き耳舐め、そのままで動いて耳元で喘ぎ声!
これの何がすごいって顔見えないのに耳元では甘い声がたっぷり聞こえてくるのと、仰け反ってもなお主張するるかちゃんのおっぱいにおへそにかけての美しいライン!

前半のマッサージでゆっくりと彼女の緊張と身体と心を解し、後半からは彼女から求められて優しくセックス。
無理やりとか快楽堕ち、とかではなく心が満たされるような求め合い。
迷う事なく『すごい』!

メッセージ

このエロVRがすごい2020下半期、開催ありがとうございます!
集計してくださったぱちべえさんもしくは24歳・F・カップ女子広報さん、参加された方々、お疲れ様でした!
今回も参加させてもらいましたウービィです。

この下半期は遂にどの作品にも天井特化があって最早スタンダード!選んでない作品達にももちろん素晴らしい作品がありました。

そして今回も、10本選ぶのは非常に難しかったです。
特に困ったのは、最初の候補20本程の中で女優さんの被りが非常に多くなったこと。稲場るかさん・松本いちかさん・田中ねねさんで8本埋まる勢いでした(^◇^;)
このエロの為にも出来る限り女優被りは避けたい、けれど今回は『すごい作品に出てる女優が同じ』というどうしようもない事態!僕の個人的な女優さんの好みが関係なく、作品そのものがすごい。
なので過去最高に葛藤しましたが、無事被りはそこそこに10本選べました。

選ぶ時は色々と考えて悩んでますが、この10本は僕が胸を張って皆さんに見てほしい『大好きでオススメのエロVR』です!
これをきっかけに、一つでも多くの作品に出逢ってもらえたら嬉しいなぁと思います。