2022年下半期 開催のお知らせ!

ぱちべえさんが選んだ「すごいエロVR」 2021年下半期

ぱちべえさんが選んだ「すごいエロVR」 2021年下半期

ぱちべえさん

運営サイト/レビュー寄稿ページ痴女同盟

推薦作品 1
ジャケット画像【VR】温泉に乱入してきたドスケベ爆乳OL3人組からおち●ぽトリプルパイズリ!!おっぱい混浴VR 小梅えな 姫咲はな 佐知子

メーカーE-BODY

監督こあら太郎(わ)

出演小梅えな 姫咲はな 佐知子

得票数3   (他のレビューを見る

今作のメーカー紹介文には

——温泉に浸かって癒されていると…!? 3人の女子乱入!(ここ男湯だぞ!!)狭い湯船の中へ勝手に入ってきて女子トークを始める始末。そしていつの間にやら…

とあります。

もう始まり方が予想つきますよね?

最初に主人公が脱衣所にいて、そこに女子たちが入ってきて、「やだーさちこさん、胸おっきい〜」「何言ってんの、あんたの方が……」というやりとりを覗き見していると、ついに見つかる。

そしてお仕置きなのか、なんなのか、なし崩し的に混浴となり……

という段取りだろうと。

普通なら、混浴するだけで一苦労。
女子たちが興奮しはじめて主人公のちんこを触り出すのに大苦労。

今作はまったく予想を裏切ります。

もう一つ、今作でとりあげたいのは、女子会トークとセックスが一体になっているところ。
三人がそれぞれ元カレとのセックスについて語るという設定が効いています。
また、姫咲はなが、エピソードをうまく拾って広げるおかげで、とても自然に会話が弾んでいます。

数少ない「ピースフルハーレム」が楽しめる快作です。

推薦作品 2
ジャケット画像【VR】 ~HunterVR4周年記念作品シェアハウス超大盛りSP~開始0秒で即エッチ!最初から最後まで7人のお姉さんとエッチしまくり!!超エロいヤリマン巨乳だらけのシェアハウスに入居したら、男はボク1人で24時間365日勃起しっ放しでエロい事しまくり!とにかくエロい…2

メーカーHunter

監督ボルボ中野

出演川菜美鈴 有岡みう 百合川雅 岬あずさ 愛花みちる 河西乃亜 大浦真奈美

得票数1   (他の1票作品を見る

Hunterのシェアハウスシリーズは、おそろしくカジュアルにセックスしちゃうところ、それも男女関係無しにおっぱじめてしまうところが魅力です。その分、主人公のでくの坊感もすさまじく、目の前で繰り広げられる乱交をど真ん中で「傍観」しているような心持ちになったりもします。

今作はこの傾向が希薄で、王様感がとても強い。おもてなし感が強いのが特徴です。
これだけ多くの女優がひしめきあっても、段取り感がまったく無いのは、歴戦の女優ぞろいということもあるでしょうし、監督の仕切りも上手なのでしょう。

(前の名義でもVR出演はありましたが)ずっと見たかった百合川雅がとうとうVRで見られたのがうれしい。彼女の淫語は王様ハーレムのお手本じゃないかと思います。

推薦作品 3
ジャケット画像【VR】 前も後も左も右も!誘惑巨乳ヨガ教室 密着サンドイッチ ヨガ教室に通いだしたら待っていたのは欲求不満の美人若奥様集団!毎週毎週、到着するなりヨガなんて1秒もせずチ○ポがバカになるまで搾り取られております!

メーカーHunter

監督まさのり

出演木下ひまり 大原あむ 小梅えな 桃井杏南

得票数1   (他の1票作品を見る

女体の密度、とくに密着度をあげるポジショニングは、監督の手腕と女優の機転のどちらが大きいのかわかりませんが、作品によって歴然と差があります。
明らかに監督の力量でそれを実現しているのは、矢澤レシーブ監督の「領域展開」シリーズだと思いますが、まさのり監督は本真ゆり、葵百合香エステから独自に「領域展開」的手法を実現していて、今作でもそれがとても効果的です。

とくにすごいのが、主人公から体を離さないようずりずりと位置を変えていく大原あむの独特の動きです。年末に放送された『岸辺露伴は動かない』の第5話で市川猿之助が演じた背中を見せない男のようでした。

推薦作品 4
ジャケット画像【VR】【HQ超高画質】ド痴女マスク 乳首ビンビン豊満ムチボディケダモノSEX 長尺200分2SEX15射精

メーカー痴女ヘブン

監督ジーニアス膝

出演推川ゆうり 吉根ゆりあ

得票数1   (他の1票作品を見る

女性二人がマスクをかぶって匿名な存在になることで、もてあます性欲を思うさま爆発させるというお話です。

マスクをかぶっている分だけ大胆に近づき、大胆にささやく。しかも女性二人はこの目的のためだけに結託してふだんの人間関係はない。解き放たれた性欲が、麻薬のようなトリップ感ある空間をつくりだしています。

長尺の中に、Season1、2的本編と、痴女マスク・ビギニングという趣の前日譚と凝った構成なのはジーニアス膝監督ならではだと思います。

自分が見たマスク系ハーレムの中では正常位、バックに最も見応えがある作品です。