2020年上半期 結果発表!

これぬけさんが選んだ「すごいエロVR」 2019年下半期

これぬけさんが選んだ「すごいエロVR」 2019年下半期

推薦作品 1
ジャケット画像至近距離でゲボ汁噴射! 漂うマゾの匂い!響き渡る悲鳴と尻打音! 脳が震える変態鬼畜ワールドを体感! 女子大生の貪欲なメス穴を心ゆくまで嬲って●す! ドS男子大歓迎!裏サークル最狂ハードコア新歓乱交パーティ!

M女メーカー『えむっ娘ラボ』が満を持して送り出してきたVR作品。見どころは本格的なM女プレイとイラマチオ。過去にもM女ものはあったけどイマイチな作品が多かった。しかしさすが『えむっ娘ラボ』作品。しっかりとM女を痛めつけ、それでもM女が悦びを感じる過程がしっかりと表現されている。
イラマチオも他VRとは異なり本格的。座った状態でイラマチオをさせある程度したらM女が顔を上げてえずき汁を垂らしながら恍惚の表情を浮かべる。さらに、男優が目の前でイラマチオをして見せるのでえずき汁がだらんと垂れる光景が目の前で見られるこの興奮。
VRでのイラマチオの課題であったえずき汁の見せ方に対する模範解答。
VRでイラマチオを観たい人はまずこれ。

そしてすごかったのが『葉月桃』さんの演技力。
友達に騙され調教部屋に連れてこられた設定なので最初は怯え、だんだんとM女の素質が開花していく姿を表情で見せてくれた。
特筆すべきは冒頭の怯え、でも逃げられないと悟った時に見せた涙。
何もない状態でこんなに涙が出せるんだと感動した。

VR作品としてはボリュームに難があるが、全体的にはM女ものとして最高峰の作品。

推薦作品 2
ジャケット画像東条蒼 彼女がボンデージに着替えたら…大人しかった彼女が覚醒!大興奮痴女SEX!

『東条蒼』さんにボンテージを着せた時点で大勝利な作品。
クールビューティな見た目でエグイほどスタイルが良い『東条蒼』さん。
ボンテージを着た事によってスタイルの良さがさらに際立っていて、しかも様になっていて、このままずっと眺めていても満足できそうなほど。
さらにメガネを付けたままなのでより知的な印象になりこれも大勝利。

『東条蒼』さんはVR歴が短いはずなのに、ボンテージ着用前、着用後の豹変ぶり、そして印象が変わった事を表情と視線だけで伝える技術を持っているんですよ。
ここがめちゃめちゃ凄い!
優しい表情が挑戦的な表情にシュッと変わり、と同時に視線が鋭くなる。
これによってその後、男を貪るように犯すようにプレイする『東条蒼』さんに一切違和感がなくなるんですよね。
これは演出の域を超えた女優さん個人の才能。
この作品を観て、もっともっと『東条蒼』さんのVR作品を観たくなった。

推薦作品 3
ジャケット画像飲尿JOI4 ツインテ美少女がスク水生地から溢れ出る天然水を大量に飲ませてくれる

VR作品は基本的には潮吹きプレイの時にも自分の顔とは別方向に飛んでいく事が多いんだけど、この作品は自分の顔に潮もおしっこもめっちゃかかってくる!それが新しい!
とにかく尋常じゃないぐらいおしっこなどの液体が浴びせられるので、思わず顔を避けてしまうほど。
最近、思わず顔を避けちゃうVRってなかなかなかったんだけど、この作品でVRの初心を思い出した。

しかも『加藤ももか』さんも『南梨央奈』さんもためらいなく思いっきり、しかもすごく楽しそうにやってくれるので、浴びれば浴びるほどこっちも楽しくなってくる。

さらに歯磨きした後の唾液を垂らしてくれたり、2人が口移しで絡ませた唾液を垂らしてくれたり、フェチ度合いが異様に高かった。
個人的にはそういうフェチはないんだけど、でも楽しそうにやってくれるので「もしかしてこういうフェチがあるんじゃないかな」と新しい自分を発見してしまいそうになった。

推薦作品 4
ジャケット画像超キメセクVR【劇薬パワーアップ野獣セックス】媚薬・覚醒・絶頂・SEX中毒になった彼女にキメパコ好き放題ハメ倒されるVR 美谷朱里

この期間中、媚薬ものではナンバーワン作品。
媚薬ものは過程が大事。
よくあるのが媚薬を飲んだからすぐ効いてすぐエロくなる、という作品だけど、こういうのは過程がないから興奮できない。
「媚薬を飲んでから様子がおかしい」⇒「なんか変だな」⇒「気のせいだと思いたい」⇒「でも体が反応してしまう」⇒「もう抑えられない」
という過程があると、観ている方も徐々に興奮してきて最後に大爆発できる。

そういう意味ではこの作品は本当によくできている。
媚薬を飲まされた『美谷朱里』さんが、異変を感じつつも平常心を保とうと努力しつつも、だんだんと抑えきれなくなり暴発してしまう過程がすごくよく表現されている。

そしてその過程の表現の仕方が『美谷朱里』さんはめちゃめちゃ上手い。
最初をグッと我慢して抑えているから爆発した後の野獣ぶりが際立つんだけど、野獣ぶりが他の女優さんの1.5倍ぐらい凄い。
振り幅の凄さを見せつけられたし、「この作品だけは本物の媚薬使ってるよね」と見ているこっちが思ってしまう。

媚薬もので「これは本物使ってる」と思わせたら作品の勝ちだと思っているけど、これは大勝利。
『美谷朱里』さんは騎乗位の女王ではなく、媚薬の女王です!

メッセージ

年始早々の締め切りはきついっす。
今回は「それほど多くの人が観たわけじゃないけどこれ凄いよ」という作品に絞って5作品、選出しました。
VRは年々進化しつつも、同じような作品が続いてマンネリっぽくもなってきているジャンルもありますが、同じテイストでも見せ方にこだわったり、女優さんのポテンシャルを最大限に発揮できるような作品であれば、こんなに凄くなるんだ、と思った2019年下半期でした。
個人的には、ナチュラルハイやえむっ娘ラボなど、一芸に秀でたメーカーにもっとVRを作ってほしいと思っています。
2DでもVRでも、一芸に秀でてひとつの事にこだわった作品はすげーっす。