2016-2021 オールタイムベスト 結果発表!

黄先生@カッパ連合会さんが選んだ「すごいエロVR」 2021年下半期

黄先生@カッパ連合会さんが選んだ「すごいエロVR」 2021年下半期

推薦作品 1
ジャケット画像【VR】天井特化アングルVR ~ミウちゃんの国宝級のおっぱいを堪能せよ~ 有岡みう

メーカーKMP

監督宮迫メンバー

出演有岡みう

得票数1   (他の1票作品を見る

ごきげんよう、諸君。
カッパの人こと、黄先生です。

いよーし!有岡君!このエロVRがすごい!に有岡一族の矜持にかけてエントリーという名の殴り込みを掛けてみるぞぉ!

さて、本日私がご紹介するのがこちら!
有岡みう女史主演の
『天井特化アングルVR 〜ミウちゃんの国宝級のおっぱいを堪能せよ〜』だ!

前もって言っておきたいのが、この作品の監督さんが私のTwitterをフォローしてくれて、ちょいちょいいいねしてくれたりしますが、ここには忖度も癒着も一切ありません。
ご存じの通り私は熱狂的な広島東洋カープファンであることからして、忖度も癒着も許されない間柄でなのである。
しかしだ。
有岡女史に対しては、忖度と癒着とインチキとえこひいきのトッピング全乗せであることを改めてお伝えしておきたい。

今回はFANZAのレビューと違って文字制限なんぞないから、なにがどうオススメなのか事細かく検証していこうと思う。
諸君、覚悟をしていただきたい。今回はいつも以上に長くなるぞぉ!有岡君!

まず一つ目。
有岡みう女史が有岡みう役で出演しているってとこ。
これが驚くほどに少ない。カムバックしてから100本弱の作品の中でたった2本のみである。
この作品とピカピカのヤツのみである。

ピカピカのヤツはフェチ向けの作品であるものの、AV業界の悪い部分が出まくっていたもんで、数には入れたくないのが本音である。
ピカピカのヤツに限らず、モニターの向こう側のAV業界の方々に言っておきたいことがある。
あなた方にとってはエロは日常であって、おっぱいなんか珍しくもなんともないだろう。
しかし、私にとってはエロは非日常なのである。
私はごぶさたが過ぎて、妻へのおっぱい見せての一言を何度となく、涙と共に飲み込んできた男である。
その上で、すれっからしのAV博士だ。
モニター越しで、ただおっぱいを見せられたくらいじゃあなんとも思わなくなってしまった末期症状だ。たとえそれが有岡女史のおっぱいだとしても。
再生していきなりおっぱい丸出しだったりすると、本当にがっかりする。
おっぱいを見せる、おパンツを脱ぐという行為をもっと大事に扱って欲しい。カタルシスを感じさせて欲しい。
あなた方には日常であっても、私にとっては非日常なのである。
私にはこのイデオロギー闘争に、一生を懸けて戦っていく覚悟がある。

大幅に脱線してしまったが話を戻そう。

有岡みう女史が有岡みう役。
なんてことないように感じるかもしれない。しかし、これこそが私が注目したい一番のポイントである。
そんな人は本当は存在しないんだけど、有岡女史の中の人が理想とする『有岡みうちゃん』を演じているのだと私は思う。
監督さんの意向も多少あるだろうが、この有岡みうちゃんがえげつないほどにかわいすぎて、思春期の男子なみにドキドキしてしまう。
このかわいすぎる有岡みうちゃんを堪能できるのが、チャプター1の序盤であるが、詳しくは後述にしたい。

続いて二つ目。
作りが非常に丁寧だってとこ。

宮迫監督さんの作品は、申し訳ないがこの作品しか見たことがない。
更に重ね重ね申し訳ないのだが、天井特化アングルなるものも私にはあまりピンとこなかった。
レビューなんかでよく、画角がどうこう、チンポジがどうこう言われているが正直私はあまり気にしてない。
SODの作品なんかだと、仰向けの姿勢に適してますみたいなスーパーがでるが、私にとっては無意味である。

恥を晒すようではばかられるが、長年培ってきた結果、座った姿勢じゃあないと上手にできないのである。
滅多にないことだがテンションがMAXになると、膝立ちの姿勢に入り、フルバーストモードが発動する。それが俺のスタイル。
私もね、天井特化で名をはせた宮迫監督さんの作品を堪能しようとね、挑戦しましたよ。仰向け式ってヤツに。
でもね、やっぱり上手にできなかったの。で、気が付いたらフルバーストモード突入で膝立ちですよ。

結局何を言いたいのかっていうと、天井特化と言ったら宮迫監督さん。宮迫監督さんって言ったら天井特化みたいなイメージがあるけど、それだけじゃあないぞと。
私のような天井特化を上手に体感できない三流のヴイアルニストでも、フルバーストモードにしてくれる作品を撮ってくれる監督さんだぞと。
これ1本で判断できる。宮迫監督さんは信頼できる漢だということが。

これでやっと本題の丁寧な作りの作品だってポイントに入れる。
まずは、前述のチャプター1の序盤に話を戻そう。

1.有岡女史がご来訪。早速玄関にてかわいいみうちゃんをおみまい。
2.有岡女史とほろよいで乾杯。更にかわいいみうちゃんをおみまい。
3.有岡女史とお寿司。好きなネタはなんでしょうクイズでまたもやかわいいみうちゃんをおみまい。
4.有岡女史とまさかの流しソーメン。絶妙な要領の悪さでとどめのかわいいみうちゃんをおみまい。
5.そしていよいよいざとなるが、始まるまでじっくり時間をかけてかわいいみうちゃんをおみまい。

元々、調教され尽くした有岡一族の私ではあるが、もうね、4番くらいには童貞高校生かってくらいにドキドキしてくるのですよ。もう恋ですよ!恋!
大人でよかったよ。高校生なんかの時にこんなの見ちゃったら、もう現実世界に戻ってこれなかったぞぉ!有岡君!

始まってすぐにおっぱい丸出し、モザイクチリチリの作品じゃあ絶対こんな感覚にはなれない。
天井特化だけじゃあない、丁寧な作品作りができる宮迫監督さんだからこそ到達できた領域だと思います。

この序盤の怒涛のかわいいみうちゃんおみまいコーナーでの白眉は、もちろん流しソーメンだ。
なにがどうなって流しソーメンなんてクレイジーなアイディアが思いついたのかは計り知れないが、最大級の賞賛を送らざるを得ない。
本来ここでは、有岡女史のかわいい笑顔や、大きなお胸、おぱんチラもとい、おぱんモロを楽しむコーナーのはずだ。
私は有岡女史を見る為に、VRヘッドセットをパイルダーオンしている。これはまごうことなき真実である。
しかしだ。私の目は有岡女史ではなく、水の流れに優雅に身を任せるソーメンを追ってしまう。何回見てもだ。

オキュラスクエストなどという少々値の張るガジェットを購入し、しかも品薄の時期だってんで定価より3,000円くらい高い値段でだ。
あくまでもエロ目的じゃあなく、スターウォーズのゲームをやりたいからなどと、やっすいプライドで自分で自分に言い訳をしたものの、結局スターウォーズは買ったその日しかやらずに、その上たった2週間でオキュラスクエスト2発売のアナウンス。
結果、目論見通りに有岡女史専用の再生ツールと化した私のオキュラスクエスト。
その有岡女史専用の再生ツールでなぜ私は流れるソーメンばかりを追ってしまうだろう。

答えは意外な所にあった。
先日、尻子玉アワードの素人部門のエントリー作品を品定めしていたときのことである。
有岡女史によく似た謎の美人さんJK、ぞのちゃんが作中でその答えを教えてくれている。
有岡一族の諸兄ならぞのちゃんの作品は全員所有しているはずなので、14分20秒過ぎをその目と耳でご確認いただきたい。

実は、有岡女史に直接お会いした時にこのソーメン件のお話をさせていただきました。
その時のねぇ、有岡女史がもうすげぇかわいかったの。
有岡女史がなんて言ったか気になるでしょ?
どんなかわいい発言したか気になるでしょ?

でもね、教えないの。
俺だけの秘密にするの。
独り占めにするの。

嫌な男だね、ホント。

なんで流しソーメンの話なんぞをクドクドとしてるのかって言うと、VR空間の出来事が、2Dのぞのちゃんに波及し、あまつさえ現実世界にまでリンクしてしまったってことだ。
こんなんもう、レディ・プレイヤー1じゃん。
有岡女史!宮迫監督さん!メタバースの先を越したぜ?
ザッカーバーグの野郎も今頃ハンケチーフを噛んで、キッーーーーなってるぞ!

それもこれも、丁寧な作品作りをしているからこそ起こせた奇跡なんだろね。

次で丁寧な作品作りの項目もラストにします。

私はFANZAのレビューでもそうなんだが、直接的なエロに関する部分は基本的に書かないで今までやってきた。
なぜかって言うと、こっぱずかしくてそんなん書けないからだ。
しかしだ。今回だけは今まで鞘に納めてきたそのなまくらの刀を抜いてみようと思う。

チャプター4の中盤、バックのシーンだ。
VRでのバックのシーンって退屈だと思うんだ。
だって背中しか見えないんだもん。

有岡女史は自分の背肉が気に入らないらしいが、私は有岡女史の背中のラインがお気に入りなので、本当は退屈しないんだけどね。

私は2D作品のバックでいたしてる女優さんのお顔を正面から撮ってるシーンが好きだ。
これは私が童貞だった頃から変わらない。
今でも忘れない。私が童貞を失ったあの夏の日のことを。
私はお待ちかねのバックを試みて絶望していた。自分がバックでいたすと、お顔が正面から見えないという当たり前過ぎる現実に。
私のウルトラマンも危うくハヤタ隊員に戻りかけましたよ。

それでもね、お互い慣れてくると鏡の前で立ちバックなんていう画期的手法で解決できたんだけどね。

そう!鏡である!
チャプター4の中盤、いざ鎌倉!とばかりに突如画面左側に現れる鏡!
鏡のおかげで有岡女史のお顔もみれるし、有岡女史の有岡女史がブルンブルンのブンブンブラウになってるのもよく見える!
コロンブスの卵とは、まさにこの事。脱帽です。ありがとうございます。今度カニかなんか送ります。
私はこの作品でしか見たことがないのですが、よくある表現方法なんでしょうか?

やっぱりなまくらでしたね。
直接的なエロは上手く書けません。

ラスト三つ目。
もう、とにかく私にとって都合がいいってとこ。
私には、この作品を有岡一族で一番、いや、この天の川銀河で一番楽しんだ漢だという自負がある。

『いつもみうの為にすっごいいいレビューだったり書いてくれてありがとうね』とは、作中での有岡女史のセリフである。
これはだね、そうとうおみまいされちゃったぞぉ!有岡君!
一度でも有岡女史の作品をレビューした事のある諸兄は全員おみまいされたと容易に想像できる。

しかしだ。もう一度有岡女史のセリフを読み直して欲しい。
そう!文頭に【いつも】とある!

有岡みう女史【非公認】専属レビュアーなどと謎の肩書を自称し【いつも】レビューを投稿してる私。
おそらく有岡女史にも、どうでしょうの好きな【いつも】レビューしてるイケメンで認識されているような気が薄っすらとします。
そらねぇ、僕だってねぇ都合のいい勘違いしちゃうぞぉ!有岡君!
しかも、今じゃ【公認】専属レビュアーだからねぇ。今度魚卵かなんか送ります。

都合のいいポイントはまだあるぞぉ!
『今までみうが撮ったヤツで何が一番好きだった?』とは、お寿司食った後の有岡女史からの質問。
私の脳髄のCPUがフル回転して、歴代のMVS(Most Valuable Sirikodama)月間最優秀尻子玉賞をピックアップしてる途中で有岡女史は言い放つ。
『TI☆KU☆BIのヤツ?』と。

カッパ連合会の優秀なエージェントが調査した結果、この作品の撮影はおそらく8月の頭くらいと思われる。
だとしたら、7月の月間最優秀尻子玉賞を受賞したのが、まさにTI☆KU☆BIのヤツなのだ。
いいぞぉ!有岡君!こいつも都合のいい勘違い要素だぞぉ!有岡君!

実は、有岡女史に直接お会いした時にこれとまったく同じ質問をされました。
『天井特化のヤツが好きであります!サー!』と思わず海兵隊下士官のように返答してしまいました。
これが、有岡一族の族長と、一族の最下層の構成員の力関係というものなのであろうか。

都合のいいポイントはまだまだあるぞぉ!
有岡女史が作中頻繁に使用していたワード、ビンビン。
これは、嬉野先生好きの私へのメッセージだ!
前述の二つは、あくまでも憶測にすぎないが、これだけは確だ!

こんな書き方をすると勘違いする諸兄もいるかと思いますが、決して嬉野先生はキーボなどしておりません。
実は私がこの嬉野先生ビンビンネタを使うのは実は二回目である。

これは、私のある種の心理実験である。
ビンビン=嬉野先生と刷り込まれた有岡女史に、どのような変化が現れるのか?

ビンビンと言おうと思ったが最後、『シカでした』や『四国でクリームパン食ったろお前』などと発言するダンディーなオジサマの幻影が有岡女史の目の前に現れるのだ。
場合によっては『何でそんなに増えたんだよー 焼きそばみたいになってんじゃんか 早くしないとまた増えるよそれ』なんて長文の場合もあるかもしれない。
そして有岡女史の表情の変化に気づいた私は、荒々しく登場し、コクがなくただ後味辛いエビチリ超えたなにかをおみまいするのだ。

最後の最後におかしなことになってしまいました。

さて、そろそろエンディングに向けてお話のまとめに入ろうかと思います。
ここまで、この作品の魅力をお伝えしようと長々と書いてきましたが、うまく伝わったでしょう?
長々書きすぎて最後まで誰一人読まない予感がビンビンにするのは気のせいだといいのですが…

私のような三流のヴイアルニストがおこがましいのですが、本作に点数を付けてみます。
ちなみに、ヴイアルニストって単語が存在するのかとググってみたら【ヴイアルニスト に一致する結果は見つかりませんでした】だそうです。
もしヴイアルニストってのが流行ったあかつきには、初めてヴイアルニストを使ったってtweetして炎上したいと思います。

いよいよ、『天井特化アングルVR 〜ミウちゃんの国宝級のおっぱいを堪能せよ〜』の点数の発表だ!

100点満点中の200点と言いたいところだが…199点だ!
もし、10,000点満点だとしてら19,999点。
満点は当然。満点の倍の点数をつけたくなる。しかしだ。どうしても1点足りない。

重箱の隅をつつくようで申し訳ないのだが、この作品には一つだけ問題がある。
他の人からしたら些細なことなのかもしれないが、これを認めてしまったら私は有岡一族の末席を汚す者として二度と太陽の下を堂々と歩けなくなってしまう。

生ものが食えない有岡女史にお寿司を食わせようなどと言語道断である!
生ものは食えないが魚卵は大好きな有岡女史であるが、イクラの軍艦はサーモン同時乗せのこじゃれたタイプ。こいつはいけない。

百歩譲ってだ。寿司桶の中にカッパ巻きがあったら、有岡女史のことだ。間違いなくカッパ巻きを選んでくれていただろう。
いや、待てよ。これだと百歩譲ってじゃあなく、百歩進んでだ。
カッパ巻きのくだりがあったら、100点満点中の300点はいけただろう。

最後にぼやいてしまったが、この作品が2021年下半期の最高傑作なのは間違いない。
たとえ、有岡女史の作品であったとしても一回見たらもういいやって作品もあるなかで、この作品を私は何回リピートしたかはもうわからない。
序盤のかわいいみうちゃんおみまいシーンなんか、もうセリフを覚えてしまったくらいだ。

私が初めてみたAV『三人で春一番』から何本のAVを見たのかは、今となってはもうわからない。
しかし、この『天井特化アングルVR 〜ミウちゃんの国宝級のおっぱいを堪能せよ〜』が私が今まで見てきたAVの中で最高傑作なのは揺るぎない事実だ。
2021年の下半期などと小さな枠でくくれない本作は、大英図書館に寄贈し未来永劫語り継いでいかなければならないのだ。

といった訳で今からオキュラスクエストをパイルダーオンし、フルバーストモード発動としゃれこみます。

メッセージ

有岡みう女史、いつもありがとう。

俺が死ぬか俺以上の適任が現れるまでは、俺には有岡女史に尻子玉を差し出し続けることしかできません。