2016-2021 オールタイムベスト 結果発表!

ポポロさんが選んだ「すごいエロVR」 2021年下半期

ポポロさんが選んだ「すごいエロVR」 2021年下半期

推薦作品 1
ジャケット画像【VR】【HQ超高画質】彼女が近くにいるのに図書室や保健室で…こっそり小悪魔同級生・いちかに何度も射精させられたボク 隠れて密着大量淫語ささやきとコソコソエッチ視点で没入感MAX!ドキドキ背徳中出しで精子絞り取られまくる!! 松本いちか

メーカームーディーズ

出演松本いちか

得票数1   (他の1票作品を見る

松本いちかに会いたいがためだけに、VRを見ています。

松本いちかがもっとも松本いちからしく見えたものを選びました。
それは期せずして、松本いちかが松本いちか役をしていた作品ではなく、企画モノのような、その役を他の女優さんがそのまま演じても成立してしまいそうなこの作品でした。

導入が素晴らしいです。

彼女役の女の子と三人での掛け合いが愛らしく、アドリブのようなグダグダな会話が、松本いちからしくて、そんな小さなことで、この松本いちかが好きになって、この世界に没入することができました。

体操服姿はかわいかったし、保健室での密着感もよかったですが、なにより、この子は松本いちかなんだと思えたことが全てでした。

メッセージ

半年ぶりの投票ですが、なつかしい気持ちになってしまいました。

わたしはすっかりエロVRを追わなくなってしまいました。
あまつさえ、最低最悪のFANZAレビュワーに身を堕としてしまいました。

エロVR作品を語るという試みは、エンターテインメントで作品を語るというごく当たり前の、しかし誰もまともにやってこなかったことだと思います。

AVファンというひとは多くいるけれど、女優のファンというひとが多く、作品は副次的なもので、それ自体について語られることは少なかった。
AVを楽しむことについて、作品を語るというのはおどろくほど画期的なことでした。

映像作品、それもヌキ材であるアダルト作品と対峙することは、大変に個人的な体験です。
VRであれば、とくにそうです。それを他人と共有して、盛り上がれるのか。
話し合いを楽しんで、さらに建設的に発展させることができるのか。

こんなチャレンジングなことが可能だと証明したのが、このエロVRがすごい!のすごいところでした。

わたしはAVを出演している女性への関心ではなく、作品として楽しんでいたので、この企画やそれに連なる盛り上がり、そこに参加していたひとたちが大好きでした。

しかし、なんだかわからないうちに、わたしの関心はひとりの女優だけに向くようになってしまいました。

あくまでもイマジナリー、一方的なものですが、彼女のことをよく知り、親しくなった気になりました。
それは本当に気のせいなのですが、わたしのなかに彼女のイメージがかなりの解像度で出来上がった。

彼女のVR作品はひととおり見ています。
彼女がその芸名の役を演じているものもいくつかありました。

ゴーグルの中で、動き、喋り、自身を演じる彼女の解像度は、しかし自分の中にある彼女の幻想のそれより低く感じられてしまった。リアルでないと思ってしまった。

もちろん、この時期の彼女の作品にそういうものが多かっただけかもしれませんし、わたしとの相性の問題だったのかもしれません。

ほかの女優のものも含めて、震えるほどのリアルさを見せて、視聴者を興奮させた作品はきっとあったのだと思います。その感動を、他の方のレビューから読むのが楽しみです。

これからもたくさん進化していくアダルトVR、
あの感動に、いつかまた、出会えればいいなと思っています。